[ 三渓園とは ]

ABOUT SANKEIEN

国指定名勝 三渓園

文化財建築物と四季折々の景観が調和する
国指定名勝
地元横浜に親しまれる有数の日本庭園

三渓園(さんけいえん)は、生糸貿易の実業家 原 三渓氏(本名 原 富太郎)により私邸の庭園として築かれ、明治39年に一般に開園された日本庭園です。

原 三渓(1868年/慶応4年-1939年/昭和14年)は大隈内閣の財政諮問委員や横浜興信銀行(現横浜銀行)の初代頭取もつとめ日本経済を率いた実業家であり、一方で漢詩や書画に造詣が深く美術品の蒐集家として、また明治の芸術家への支援者としても広く知られている人物です。

広大な庭園には横浜市指定有形文化財に指定された鶴翔閣をはじめ京都や鎌倉から移築された重要文化財古建築の数々が随所に配され、梅や桜、藤、蓮、紅葉といった四季折々の花木や自然の景観と一体となっています。

横浜の観光地として地元からも親しまれており、季節の花木を眺め、伝統ある建物と歴史を身近に感じながら散策を楽しめる庭園です。

開園当時の三渓園を行き交う市民と鶴翔閣

KAKUSHOKAKU

鶴翔閣

国内外のVIPをおもてなしする和の迎賓館

鶴翔閣(かくしょうかく)は、原三渓自身の住まいとして明治35年に建てられ600坪の敷地を誇ります。

三渓園鶴翔閣は平成12年、当時の構造や間取りを復元し柱やガラス戸、ランプ等を残しつつ厨房や冷暖房、バリアフリーといった近代設備を備えた和の迎賓館として生まれ変わり横浜市指定有形文化財となりました。当時の鶴翔閣には歴史の中心人物たちが数多く訪れていました。

今も当日の姿を残す三溪の書斎は吉田茂、伊藤博文、原敬、大隈重信など歴代の総理大臣をはじめ多くの政界人が訪れて会談していた部屋です。また前田青邨、横山大観、下村観山など日本を代表する画家や多くの文化人に親しまれた場所としても有名です。

このページの先頭へ